株主・投資家等との対話の状況

ホーム > IR情報 > 株主投資家の皆様へ > 株主・投資家等との対話の状況

2023年度 株主との対話の実施状況について

対話を行った主な対応者

代表取締役社長、取締役常務執行役員、取締役常勤監査等委員、経営戦略本部長、 事業推進本部長、営業本部長、生産技術本部長、研究開発本部長、サステナビリティ委員長、経営戦略部長、経営戦略部 IR担当者 ほか

対話を行った形式および概要

区分回数参加者の概要
決算説明会 1回 アナリスト、機関投資家、金融機関
SR面談 11回 アナリスト、機関投資家
個別面談 69回 アナリスト、機関投資家

対話を行った主なの主なテーマや株主の関心事項

事業戦略・業績 設備投資と成長戦略の関連性
事業ポートフォリオの最適化
各事業の需要動向とその背景となる市場動向
資本政策・資本効率 ROE向上策
資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応
PBR 1倍割れに対する対応策
配当方針、株主還元
ガバナンス 成長戦略につながるスキルマトリックスのあり方
指名報酬委員会における議論内容
役員報酬制度の見直し(固定報酬比率や業績連動の評価指標)
サステナビリティ 環境貢献製品の開示の充実
マテリアリティのKPIの拡充と進捗開示
従業員エンゲージメントに関する考え方
人材戦略

フィードバック

対話により得られた株主からの意見や懸念事項は、毎月経営陣に議事録を送付し、重要事項については経営会議へ報告しています。

経営に取り入れた事項(取組み中の項目も含む)

マテリアリティのKPI策定
政策保有株式の縮減に向けた取組みと目標値策定
環境貢献製品の認定制度の確立
資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応